FC2ブログ

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-24

3Pその2

いつもコメントと拍手をありがとうございます

桜冷え

ああ、せっかくお花見が出来ると思ったのに
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Tさんは

私を抱きベッドに

投げ飛ばすと

私のあそこを舐め始めた


A氏は浴室のドアを開けたままで

シャワーを浴びて出てくると

私の口の中には

彼の太い物が喉の奥深くに入ってきた

あまりの太さに呼吸が苦しくなり

どろどろのよだれを出し

すべりが良くなると

Tさんは私の髪を持って

激しくピストン運動をしていた


それを見ていたA氏は

興奮して

私達のそばによってくると

私にキスをし

股間に

指を突っ込んで

中をかき混ぜた

「ぐぐ・・・」


私は声も出せず

二人に責められ

私の穴の中は

太い物を欲しがっていた

「早く、早く入れて」

私言葉がにならない声で

二人の男に求めた


それを感じ取った

Tさんは

枕元にある

コンドームの封を切り

ピンクのゴムをきつそうに

はめると

私の中に押し入ってきた

それは、ギスギスと

窮屈に入ってくると

待ちに待った私の体は

それに反応し

激しく感じた

つづく


格言

じらすほど

じらされるほど

濡れる穴

無理やりに

割り込む

肉棒

断れず


たまみ

IMG_4081s.jpg

スポンサーサイト
[PR]

[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

竿の先も濡れます

No title

抱きつきたいです

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
<%plugin_first_title>検索フォーム<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>ブロとも申請フォーム<%plugin_first_title>

この人とブロともになる

<%plugin_first_title>QRコード<%plugin_first_title>
QRコード
<%plugin_first_title>月別アーカイブ<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>RSSリンクの表示<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>最新トラックバック<%plugin_first_title>
<%plugin_first_title>フリーエリア<%plugin_first_title>

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。